binary option

【2020年対応】バイナリーオプション無駄を省いた勉強法【実践向け】

【2020年対応】バイナリーオプション無駄を省いた勉強法【実践向け】

この記事でわかること

  • バイナリーオプションで勉強すべき知識の種類
  • 実際に勉強する際の効率の良い手段

ごきげんよう、きよみです。

今回はリクエストの多かった「バイナリーオプションの勉強法について」記事にしてみました。

バイナリーオプションで勝つために勉強してみたいけど、ブログ本・動画・はたまた有料な教材などどれを・何から手をつけたら良いのかわからないと言った声が非常に多いです。実際私もそうだったのですごく気持ちはわかります。

いつも書いてるけど、どれも見ても本当に勝てるような気がしなかったし、何が嘘で・何が本当のことを言ってるかわかりませんでした。
きよみ

結局は「勉強手段」の前に、勉強すべき知識も理解できていなかった私。結局は投資には基礎知識が最も大事だと言うことですね。

基本ができれば自分にあった勉強方法はもちろん、追加で必要な知識、問題点なども必ず見えてきますので、今回は「勉強したほうが良い知識」から「具体的なおすすめの勉強方法」、そして勉強時に気を付けるべき手段などまで解説します。

バイナリーオプションをこれから始める方はもちろん、既に取引をされていてより利益を上げる手段をお探しの方へ参考になると思うのでぜひお時間が許す限り読み進めていただけると嬉しいです。

バイナリーオプションで勉強すべき知識

上述の通り、バイナリーオプションに限らず投資では「どのように勉強するか」よりも「何を勉強するのか」が大事です。そのために勉強すべきポイントからまず解説していきます。

バイナリーオプションの特徴を勉強

まず最初に、バイナリーオプション取引が他の金融取引・投資方法とどのように違うのか、特徴を理解することから始まります。

バイナリーオプションは為替が一定時間後に「上がるか(High)」・「下がるか(Low)」の二者択一の投資とはご存知であっても、FXとの違いを説明できる方は初心者の方では意外と多くありません。

そもそもFX未経験の方がバイナリーオプションをやられるケースも多いから。
きよみ

もちろん「全く違う」のですが、簡単にでも差を理解しておくことでバイナリーオプションの強みを引き出すことにも繋がりますし、以後でてくる勉強する知識が頭に入ってくる量も全く異なります。

バイナリーオプションの特徴

  • 1回の取引時間が短く判定時間が確定している
  • 投資金以上の損失は発生しない
  • 1回の配当額に限界があるので、大きく利益を出す場合取引回数が増える
  • 初心者が取り組みやすい

FXの特徴

  • 初期資金がある程度求められる
  • レバレッジやロスカットなどの仕組みにより投資金以上の損失がでる場合がある
  • 取引に時間が掛かる
  • 初心者にはハードルが高い

バイナリーオプションは一回の取引で掛けられる金額や払い戻し可能金額がFXと比較すると控えめですが、その分損失やリスク管理がしやすく、かつ初心者でも最低50%の勝率に収束するので大きく資金を溶かすことは圧倒的に少ないです。

判定時間を迎えれば結果が強制的に確定するので、利確や損切りという概念がなく、エントリーのタイミングは良くても欲張りすぎてタイミングを逃してしまうといった事もありません。まさに投資入門にはうってつけと言えますね。

最初の勉強は専門用語

FXよりは必要知識は少ないものの、それでも専門用語は数多く飛び交います。

そのため専門用語を知らなければ「何が書いてあるのか」そもそも分からなかったり意図を捉え違えるなど誤読してしまう可能性が高いので注意しましょう。

各用語の掘り下げはまた別の記事で行いますが、例えば最低限以下の用語は理解できておく必要があると思います。

最低限勉強すべき専門用語

  • ペイアウト率
  • 転売
  • ローソク足
  • インジケーター
  • MT4
  • ファンダメンタルズ
  • レバレッジ
  • レンジ

最低限という基準が主観にもなり、かつこれを取り上げるなら「あれもこれも」となりそうで、私的にも判断が難しいのですがまず上記のリストで意味がわからないものがあればまず調べて勉強してみましょう!

聞いたことがあるなってものも、具体的に理解できてないと実践の取引に活かせないからね。注意しよう。
きよみ

取引の種類を勉強しよう

バイナリーオプションは「ハイorローの二択から選ぶだけ!」という基本ルールはありますが、実際は取引の種類が複数あり、最低限理解する必要があるのは2種類+1。

一つは30秒や1分など「短期取引」で、ショートやターボなど言われます。二つ目は15分以上から1日など、判定までの時間が長期となる「長期取引」で文字通り一般の「HIGH&LOW取引」はこちらを指すことが多いです。

またこれらにはそれぞれ「スプレッド」を持たせた取引があり、スプレッドの場合はペイアウト率が上昇しますがその分予想を当てることが困難となるので注意が必要となります。

たぶん短期取引を好む人は多いと思うけど、使い所が大事です。試しにやって見る分はすぐに結果がわかるし良いけどね。
きよみ

勉強から見える経済指標の活用法

経済指標は、経済状況を構成する要因・例えば物価や金利の動き、貿易や景気の状況などを数値化したもので、各国の公的機関等が定期的に発表しています。

もちろん相場が大きく動く要因となりますので、かなり重要な要素ですが初心者の頃は経済指標を見てもどう活用して良いのかわからないと思います。ただ大事なのは「経済指標を意識する」と覚えておくこと。

経済指標に影響を受けないバイナリーオプション戦略も無くはないですが、基本を押さえておいた方が戦略にも理解が深まるのでぜひ意識してくださいね。

チャート・ロウソク足・インジケーターの勉強

必須の専門用語でも取り上げた「ロウソク(ローソク)足」「インジケーター」がここで登場。

ロウソク足は4本値(始値・終値・安値・高値)をもとにして、株価の上下を図形で表したものです。

まずローソク足は細かく説明すると長くなるのでウィキペディアから引用しました。

ローソク足チャート

単位期間を定め、単位期間中に初めに付いた値段を始値(はじめね)、最後に付いた値段を終値(おわりね)、最も高い値段を高値(たかね)、最も安い値段を安値(やすね)とし、この四種の値段(四本値=よんほんね)をローソクと呼ばれる一本の棒状の図形に作図し、時系列に沿って並べて値段の変動をグラフとして表したものである。

引用:ウィキペディア

そしてインジケーターですが、テクニカル分析に使うテクニカル指標のことで、そもそも上のローソク足を見てもぱっと今後の相場を読むことは実際難しいです。そんな時にインジケーターでチャートを分析することで、一定の勝ちパターンやエントリータイミングを導きます。

視覚的に傾向を確認しやすくするもの、と覚えておくと良いでしょう。

そしてこのインジケーターの代表的なツールが「MT4(メタトレーダー4)」ですので、あわせて理解すると便利です!

初心者の方、付いてこれてるかな?私もローソク足ってなんぞ?の状態で取引してお金溶かしてたので全然だいじょうぶですよ(?)!
きよみ

戦略と資金管理の勉強も忘れずに

ここで言う戦略とは投資家各々のノウハウではなく、一般的に浸透した投資方法のことです。例えば以下のようなものがあります。

主な投資戦略の数々

  • マーチンゲール法
  • ココモ法
  • モンテカルロ法
  • アービトラージ

どういった戦略を取るにしても、上記のような基本戦略が基礎にあったりします。損失を出したら次は損失分の倍の金額を投資したり、「上昇」と「下落」をほぼ同一タイミングで投資するなど、バイナリーオプションにおいてどのような状況で用いられる戦略と用語なのか知っておくべきでしょう。

こういった戦略は「やみくもに投資する」こととは真逆にあるので、資金管理を学ぶ機会にもなります。
きよみ

資金管理も幅広い意味をもちますが、いくらバイナリーオプションが2択での投資と言ってもプロであれ状況によっては連敗することもあるのが投資の世界です。

そういった時に闇雲に投資金を感覚で調整したりしていては、買った時の利益まで溶かしてしまいかねません。難しい話のようですが、お金をどのように扱うかしっかり考えておくべきという意味です。

テクニカル分析でも「フィボナッチ」「ボリンジャーバンド」とか横文字が並ぶから、まずはこの記事で出てきた単語でわからないものから調べていくで良いかも。

基本ですが業者選びの勉強も大事

バイナリーオプションの基礎や用語は十分に理解できたとしても、取引を行う業者の選び方で結果は大きく変わってしまいます。

業者によってペイアウト率も異なりますし、入金や取引回数に応じたキャッシュバックも異なり、取引回数が増えれば増えるほど残高に差が出てきます。

なにより悪質な業者で口座を開設してしまうと、そもそも勝った資金を出金できないといったケースとなる場合もあります。

私も経験があるので、絶対にそういった被害者を出さないために気になられる方は以下の記事でおすすめ業者について確認をしてください。

推し記事
【2020】海外バイナリーオプションおすすめ口座まとめ!
【2020】海外バイナリーオプションおすすめ口座まとめ!

この記事でわかること バイナリーオプションとは おすすめのバイナリーオプション口座(業者)とその理由 バイナリーオプションで見ておくべきおすすめ要素 ごきげんよう、きよみです。 今回は数あるバイナリー ...

続きを見る

より具体的に!初心者の方にもおすすめの勉強法

ここまで「勉強すべきポイント」を取り上げてきましたが、実際に「どのような手段で勉強したら良いのか?」について触れていきます。

情報を「調べる」と言っても、インターネットで調べるのか?本で読むのか?プロからレクチャーを受けるべきか?など色々な手段でお悩みの方が多いそうですので、それぞれ見ていきましょう。

個人にあった勉強方法があると思うけど、明らかに「これはない」って言うのもある。
きよみ

全てはデモ取引で試せる!

全ての勉強方法に言えることですが、バイナリーオプションでは業者によっては無料でのデモ取引を用意しています。

つまり学んだ戦略や知識を、お金を使わずに実際に取引してみたり、画面を見ながら試してみることができることを覚えておきましょう。

デモ取引を行っている業者

何より実際にバイナリーオプションに触れてみることが何よりの勉強であったりすると思うので、上記2サイトをまずは覗いてみてください!

参考ハイロードットコム(ハイローオーストラリア)のデモ口座の特徴とその全て
参考theoption(ザオプション)のデモ取引の仕様と注意点!

ブログでの勉強の仕方

まずは個人の体験談から学ぶ手段です。

私のこの記事を読んでいる時点で既に実行されているということですが、ここまで登場した用語や知識などは、お金を掛けずとも検索すれば多くの方がブログに記されているので、一度順番に読んでみることをおすすめします。

しかし注意点があって、世の中には膨大な数のブログが存在し、本質が書かれていなかったり誤った情報も多いです。そのため情報に本質が書かれているのかちゃんと見るようにしてください。

参考これが真実!バイナリーオプションのブログは何故嘘臭いのか?

例えば「こういった手法がある」「この動きの時は「Low」に投資」というざっくりした情報だけでなく、「なぜその時にLowなのか」「なぜそのよう相場になるのか」など、しっかりと因果関係や理屈が成立するものか見極めましょう。

小手先のテクニックや情報では結局は運任せの勝負になってしまいます。

個人的に興味深かったのは投資失敗で破産申請をするまでを書いたブログですね。
きよみ

失敗から学ぶこともありますしリアルでした。結局それも「なぜそうなったのか」が知れたので良かったと思います。

本での勉強は不要

バイナリーオプションにも様々な著者の書籍が出版されています。

もちろん私も読んでみてためになったものもありますし、読むだけ損などでは決してありませんが、正直今となって考えればブログ含めてネットで知れる情報と大差はなかったと思います。

それであれば、本に出すハズのお金を投資金に回した方が良いなと個人的には考えます。

勉強にお金をだす必要がないと言っているわけではないですよー。
きよみ

動画はいいけどレクチャーは詐欺

同じくインターネットを見ていると、YouTubeには数々の攻略系の動画が存在し、Twitterには「レクチャーします」と謳い生徒を集めるアカウントなど発見されることでしょう。

結論として断言できるのは、「レクチャー」は100%詐欺です。勝てません。

そういったアカウントはお金持ちアピールで高価なブランド品や旅行先の写真を次々にアップし、そういった資金はバイナリーオプションで稼いだので自分と同じようにすれば勝てると、レクチャーを受けることを進めてきます。何度も言いますが勝てません。

そういったアカウントは、サイトに登録させて紹介料をもらうまでが目的で、登録後に生徒が損をしようが得しようが関係ないというスタンスです。

動画もブログと同じで、情報収集には良いのですが、同じようにレクチャーを進めるものも多いので注意が必要です。とは言えリアルタイムで勧誘されるわけでもなければ、視聴するだけはタダなので「動画はいいけど」とさせていただきました。

アプリを使っての勉強法

バイナリーオプションとアプリ検索すると数々のアプリが表示されます。

しかし殆どが中身の薄いもので、更には先程のレクチャー系に誘導される悪質なものも含まれるのでアプリも注意する必要があります。

基本的な情報はインターネット上で集め、アプリを使うタイミングは「バイナリーオプション業者の公式アプリ」「MT4の公式アプリ」を推奨します。

これらは無料で利用できますし、特に「MT4」は実際に触れてみることで得られる事も多いですし、実践でも利用することになると思いますのでオススメですよ。

参考【最新版】ザオプション(theoption)のスマホアプリ情報!iPhone版はある?
参考【iPhoneで便利な取引方法】ファイブスターズマーケッツのアプリを使いこなす!(fivestarsmarkets)

取引結果の記録をノートに残す

これも良く言われることではありますが、自分の取引結果を記録しておくということです。

戦略を持って取引しているつもりでも、各々には癖がどうしてもあり。例えば「自分はどんな相場の時に勝てるのか」「現状までの勝率はどのくらいなのか」などひと目で把握できるようになるのは大きなメリットです。

そして大事なことは、この情報は貴方しかもっていないも貴重なもの。

絶対にブログやレクチャーからでは得られない実体験の結果であり、それの積み重ねが利益を生みます。「情報は金」とも言いますが、まさしく投資家にとって財産となるので、絶対に記録を残すようにしましょう。

為替における前提理論を知る

繰り返しにもなりますがバイナリーオプションは為替の値動きの予想です。

バイナリーオプション為替の値動き予想

為替がどのようにして値が決まっているのか、チャートが動いているのかの理由は当然市場における通貨の売買であり、そこには人の意思が介入しています。

トレンドを全て読むことなどできませんが、過去の傾向から実は理論立てて解析することは可能なので、少しバイナリーオプションにおける基礎理論・王道の攻略法について触れて勉強してみましょう。

代表的な理論:ゴトー日仲値手法

知っておくべき用語の時点で書こうかと思いましたが、王道すぎる内容ゆえに少し説明も行いたかったので外していました。

まずゴトー日とは、「5」や「10」が付く日の事です。

5日、10日、15日、20日、25日、30日と実際の日付にしてみると分かりやすいのですが、ゴトー日が給料日という方も多いですよね?日本の企業は取引先や従業員への支払いなど、お金が動く日とされています。

特に輸入企業(外国から資源や商品を買う)が活発で、日本企業は海外企業に外貨(ドルがメイン)で支払うために両替を行い、「ドル高・円安」が起きやすくもなります。

仲値とは、金融機関が外国為替取引をする際の基準となるレートのことで、金融機関が毎朝9時55分のレートを参考に確定させるものです。ゴトー日は外貨が売れやすくので、銀行側も仲値を上げてくる傾向に。

つまり9時55分に向けてドル価格上昇をみこして「High」、9時55分を過ぎれば「Low」が発生しやすい流れが理論上は成立しますよね。

バイナリーオプションゴトー日の勉強

ゴトー日や仲値の理論は初歩中の初歩で、これを知るだけで常勝できるといった簡単なものでは当然ありませんが、チャートには人の意思が介入し、理由をもって変動しているという事が理解できればまずは大丈夫です。

ちなみにゴトー日仲値手法にも関連する手法で、「ハイローオーストラリアで使えるext法」というのが最近話題になっていたので記事にしました。リンク先からご覧いただけるので、興味をお持ちの方は参考にどうぞ!

代表的な理論:ダウ理論

ダウ理論はアメリカの証券アナリスト「チャールズ・ダウ」が提唱した「株価は全ての事象を織り込む」という相場理論のことです。

このように書くと難しく聞こえますが、全ての事象とはとどのつまり経済指標や企業の業績、自然災害などに至るまでのあらゆるものを指し、チャートや価格をつくる要因を知ればその後の為替変動も見えてくるというでテクニカル分析の基礎でもあり、最も重要な概念です。

FXをやられている方にとっては馴染み深い理論ですが、バイナリーオプションとも非常に相性が良いので、ぜひこれから勉強するよという方は→「バイナリーオプションでダウ理論」こちらの記事を参考にしてください。

理論だけでなく、与えられた情報をもとに「具体的なエントリーポイント」を導き出す考え方まで触れています!

フィボナッチ数列の理論

フィボナッチ数列というのは数学者の「フィボナッチ」が導き出した数列です。それ自体は為替や経済とは一切関係がありません。

しかしフィボナッチ比率は黄金比率とも呼ばれ、人が生み出す数字にも一定の法則があり、それが為替相場にも適用されているという考え方と言えば、何となく理論の意図も見えてくるのではないでしょうか。

相場も結局は投資家の集団心理で形成されており、一定の比率がそこに無意識なりに組み込まれている(とされる)からです。

あくまでこの記事は「勉強法」についてなので、詳しい計算式は割愛しますが、バイナリーオプションに限らず為替を知ろうとした時、一見それを勉強することにどんな意味があるのか?と思われる理屈・理論ともたくさん遭遇されると思うのですが、上述した通り人の意思がチャートを構成しているという事に立ち戻り、まずは興味をもって勉強してみようというスタンスが重要だと思います!

理論だけ勉強して頭でっかちになってもしょうがないけど、まずは知ること。そして試す。これの繰り返しで必ず結果に繋がっていきます。
きよみ

勉強で得た裁量でいざバイナリーオプション実践

得た知識をもってバイナリーオプション取引を実践してみましょう。

記事の途中でも書きましたが、デモ取引もありますので無料で試すことができるので練習はデモで十分です。しかし実際の資金を使って投資をすると「本気」になるので、実践の経験も重要となります。

株でもそうだけど、自分のお金が絡んでいると頻繁に株の情報を調べるようにもなるし詳しくなる。一緒ですね。
きよみ

始めて利用する業者については、間違いなくハイローオーストラリアがおすすめで、その理由は以下にまとめますが、最も重要なのは初回入金時(利用時)に5000円のキャッシュバックを受けれる点です。

5000円の資金で、実際は10000円の取引が可能ですし、そこで投資がうまくいけば資金を増やすことができます。こちらのキャシュバックは期間が限られてはいますが、あまり慌てずご自身のご都合にあわせてタイミングを選びましょう。

参考【私の必勝法】バイナリーオプションで収益を上げるコツ公開します

HighLow.com(ハイローオーストラリア)

HighLow.com(ハイローオーストラリア)
総合評価
ペイアウト率
最大220%
入金額
5,000円~
口座開設時間
最短3分
  • 業界最大手で人気ナンバー1業者
  • 5000円キャッシュバックがお得過ぎる
  • 最短当日出金も可能で安心
日本人利用率No1!

初回5000円のキャッシュバックや、無料でのデモトレードも完備。プラットフォームも使いやすく入出金のスピード・安全性にも定評ありで初心者でも安心して利用可能な人気業者です。

まとめ

今回はバイナリーオプションで勉強すべき知識・勉強方法についてまとめました。

要点まとめ

  • 用語とチャートの見方を勉強すれば戦略・資金管理もできる
  • 動画や教材など有料なものは手を出さない。人から直接のレクチャーは特に厳禁!
  • デモや少額から取引をし、しっかりと記録して分析する癖をつける

こうやって記事にしてみると、勉強すべきポイントも多く厄介に思われる方もいると思いますが、運任せでは「50%に収束する勝率」を1%・2%と上げていく作業を行うわけで、実際に勉強してみるとあらゆる用語・戦略にも規則性やルールが存在しますし理屈はシンプルなものです。

初心者の方にもおすすめのバイナリーオプション取引、まずはデモから挑戦し、知識を増やしていってくださいね。

Highlow.com(ハイローオーストラリア)
Highlow.com(ハイローオーストラリア)
2020年 口座開設率No.1

初回5000円のキャッシュバックや、無料でのデモトレードも完備。プラットフォームも使いやすく入出金のスピード・安全性にも定評ありで初心者でも安心して利用可能な人気業者です。

最大ペイアウト230%口座開設時間3分 ※土日・祝日可
入金額5,000円以上出金額10,000円以上
キャンペーン口座開設で5,000円出金日数最短当日

只今、新規口座開設を行った全ての方を対象に5,000円キャッシュバック開催中!

公式ページはこちら≫

【2020】海外バイナリーオプションおすすめ口座まとめ!

  • この記事を書いた人

プロニートきよみ

ごきげんよう、意地でも働きたくない社会不適合者「きよみ」です。

今はバイナリーオプションをメインの収益源としてプロニートしてます。

大学生から始めたバイナリーオプションも気付けば早5年、このサイトではこれまで私が学んだ知識や経験・失敗談をもとに、初心者の方でも利益を上げられるノウハウやトレード全般の情報を随時発信しています!

-binary option
-,

© 2021 バイナリーオプションプラス