theoption

ザオプションでマーチンゲール法は有効か?(theoption)

ザオプションでマーチンゲール法は有効か?(theoption)

この記事でわかること

  • ザオプションでマーチンは有効か
  • バイナリーオプションにおけるマーチンゲール法で利益を出す考え方

ごきげんよう、きよみです。

今回はザオプションでマーチンゲール法(通称:マーチン)が有効か、稼げるのかを検証を含めてまとめた記事です。

マーチンはバイナリーオプション発祥の手法ではなく、カジノの一部のギャンブルで使われることが主で「理論上は必ず勝つ」と言われる非常に有名かつ主流な手法ですが、果たしてバイナリーオプションでも有効なのでしょうか。

「バイナリーオプション×マーチン」という攻略法は使い古されたもので、多くの方が検証記事も上げているとは思うのですが、今回何人かの方から「ザオプションの高いペイアウト率なら有効ですか?」と言ったピンポイントの質問を頂いたので回答の意味も含めて記事を書くに至っています。

ザオプションでマーチンを使って利益を出せるのか、そもそもマーチンゲール法って何?そういった疑問をお持ちの方はぜひご覧くださいませ。

ちなみに「ザオプションの口座開設方法」はリンク先で詳しく解説していますので、未登録の方は参考にしてみてくださいね。

マーチンゲール法って何?

ザオプションと絡めて解説する前に、まずはマーチンゲール法(以下マーチンと表記)とは何かを見てみましょう。

マーチンの基本

勝負に負けた際、次の勝負の掛金を倍にし、それを勝つまで繰り返す手法。一度勝てばその時点でそれまでの負けを全て取り戻すため、理論上は必ず勝てると言われる。

例えば掛金が1000円で負ければ次は2000円、4000円、8000円、16000円と勝つまで釣り上げていきます。

冒頭でも書いたように本来はカジノでよく使われる手法で、中でも勝率50%、配当が2倍のゲームで使われます。例えばルーレットの「赤か黒」の二者択一での賭けや、バカラなどが筆頭ですね。

こういったゲームが選ばれる理屈は簡単で、勝率が1/2に近くなければ負けの回数が増えてしまい最終的な投資金が莫大なものに釣り上げられてしまう可能性がある事と、配当が2倍に近くなければ勝負に勝ってもそれまでの負け分を一度で取り戻す事が困難であるためです。

二者択一という意味ではスプレッドなしのバイナリーオプション取引も確かに同じですが、スプレッドなしだとペイアウト率が2倍に満たないという欠点が発生する点をカバーできる手法なのかが見極めるべきポイントとなるでしょう。

ザオプションでマーチンのシミュレーション

まずはマーチンをで取引をするとした「シミュレーション」をしてみましょう。

ザオプションマーチンゲール法

もちろん取引に使うサイトはザオプションで、取引方法は「短期取引/30秒(スプレッドなし)」です。この場合ペイアウト率は1.96倍となり、限りなく2倍に近い数字ですね。

本来裁量取引を行う場合、30秒取引はリスクが高く勝率安定には不向きな取引時間なのですが、今回はマーチンの検証。理屈上は50%の勝率で計算するので、最もペイアウト率が高い30秒取引を選んでいます。

以下シミュレーション結果です。

回数投資金累積投資金払戻金利益額
1

1,000円

1,000円

1,960円

960円

2

2,000円

3,000円

3,920円

920円

3

4,000円

7,000円

7,840円

840円

4

8,000円

15,000円

15,680円

680円

5

16,000円

31,000円

31,360円

360円

6

32,000円

63,000円

62,720円

-280円

7

64,000円

127,000円

125,440円

-1,560円

8

128,000円

255,000円

250,880円

-4,120円

9

256,000円

511,000円

501,760円

-9,240円

10

512,000円

1,023,000円

1,003,520円

-19,480円

上記は10回取引したと仮定するシミュレーションですが、マーチンで利益が出るのは5回目まで、つまり5連敗した時点で累積した投資金の回収が一度でできなくなり破綻してしまいます。

もちろんこれはペイアウト率が1.96倍と2倍に満たないためで、2倍であれば理屈上は一度勝てば全て取り戻すことができるのですが、ペイアウト率の問題はプレイヤー側ではどうしようもありませんね。では投資金を上げる戦法はどうでしょうか?

投資金調整でマーチンで必ず利益を出す

仮に負けた次の投資金を2倍ではなく「2.5倍」で計算してみましょう。

回数投資金累積投資金払戻金利益額
1

1,000円

1,000円

1,960円

960円

2

2,500円

3,500円

4,900円

1,400円

3

6,250円

9,750円

12,250円

2,500円

4

15,625円

25,375円

30,625円

5,250円

5

39,063円

64,438円

76,563円

12,125円

6

97,656円

162,094円

191,405円

29,311円

6回まで計算ですが、先程損失が出た5回目を超えなお利益が出ていることが分かります。むしろ繰り返す度に利益額が増えてこれ以降も傾向は同じです。

これなら理屈上勝てるまで取引をすれば絶対に負けない取引が可能ではあるのですが…大きな問題が2つ生じてしまうことにお気付きでしょう。次の項目で詳しく見ていきます。

マーチンの致命的な問題

先程のシミュレーションでは負けた次の投資金を2.5倍にしていくことで、勝った時に必ず利益が出ることがわかりました。

勝つまで勝負を続け、一度でも勝てば利益となる。理屈は単純ですが、しかしこれには大きな資金が必要となるでしょう。

そう、2つの問題があるとした1つ目は口座残高・手元の資金の問題です。

6回目の時点で累積投資金が16万円を超えていますよね。16万円もかなりの大金ですが、これ以降は更に2.5倍になっていくと…現実としてよほど資金に余裕がないと投資を続けることが困難です。

2つ目の問題は一度に取引できる金額(投資金)の上限が、ザオプションは5万円までと定められている事です。

先程のシミュレーションでは5回目までしか投資をすることができず、4連敗した時点で後がない事となるでしょう。

社畜ネコ
え?5万円までなの?長々と数字を並べてた意味ないじゃん…
そうなんだけど、一応の抜け道もあるので説明します。
きよみ

バイナリーオプションの投資テクニックとして、連打・連続でエントリーというものがあります。例えば1度に5万円の投資が限界でも、限りなく同じタイミングで、同じ方向に連続でエントリーすれば、事実上5万円×2で10万円を投資した事と同じという事ですね。

これなら文字通り残高が続く限りマーチンが可能となり、理論上の負けはなくなるのですが…このような連続エントリーは繰り返し利用すると不正な取引扱いで口座が凍結されてしまうという別の問題が発生しかねません。

理屈としては覚えておきたい内容ですが、そもそもの目的である利益を増やすために口座が凍結されてしまうのは本当に馬鹿らしいので、連続エントリーを行う場合はよく考えて判断してください…!

マーチンを使った勝率

ここまで見てきた情報を総括すると、マーチンにおける投資金を「2倍」「2.5倍」どちらに設定するにせよ、5回目の投資で絶対に勝たなければ損失がでるか投資が継続不可能になることがわかりました。

逆に言うと4回目までは失敗できるという意味で、5連敗さえしなければ利益が出るとも言えますが、5連敗となってしまう確率を見てみましょう。

連敗数連敗確率
1回目

50%

2回目

25%

3回目

12.5%

4回目

6.25%

5回目

3.125%

5回勝負のうち1回でも勝てば良い、5連続で負けなければ良いというリ付くで見ると、投資失敗となる確率は約3%である事がわかります。

つまり純粋に運だけを頼りに「HIGH/LOW」の1/2で投資をした場合、96%強の確率で5回中に1回は勝率できるわけですね。

96%と聞くとかなり有効な「まさに必勝法」とも呼べる手法に見えますが、回数の都度1/2の勝負繰り返す事をイメージすると、意外と難しそうな感じがしてきますよね。確率上の数字と実際の体験とで剥離を感じる例だと思います。

もちろんこれは単純に運否天賦での勝負をした場合の数字で、ちゃんとチャートを分析した上で取引をすれば勝率は上げられますが、基準となるこれらの数字を知っておくべき必要はあるでしょう。

ザオプションでマーチンを使う場合の注意点

今回の記事のコンセプト、そして解答になるべきは「ザオプションでマーチンを使って利益を出せるか否か」ということについてですが、最終的には既に記事中でも書いたように確率論となり、数字だけを見れば使う価値はある戦略と言えるのかと思います。

しかしいくつか注意しないといけない点があるので、理由付きで見ていきましょう。

ペイアウト率が変更になる可能性がある

ザオプションに限らず、全てのバイナリーオプション業社でのペイアウト率は一定期間ごとに見直しが行われており、変更となる可能性が常にあります。

特に今回例として出したザオプションの30秒取引「1.96倍」というのはキャンペーン期間中の数字であり、将来的に変更になる事が確実のものです。

もちろんとは言っても、好評のキャンペーンのため繰り返し延長が行われての今であり、正直いつ終了になるのかは未知ではありますが、先々変更になることは見据えておかなければなりません。

そもそも勝率を上げるため30秒取引意外の取引時間を選択しマーチンに挑戦される場合もあるでしょうし、常に現在のペイアウト率と投資金のバランス、勝率についてなど計算を行いつつ臨む必要があるので、シンプルながら頭を使う手法であると言えます。

ペイアウト率が下がれば投資金を上げる事となり、もしもの時のリスクも大きくなることを覚えておきましょう。

資金管理が成立しない

バイナリーオプション取引で長期的に安定した利益を出し続けるには資金管理が最も重要です。

ザオプション資金管理の重要性

しかしマーチンは記事中で説明した通り倍々投資を行うため、投資や投資金に対する本来の「期待値」が機能せず、理論で戦う手法のはずが逆に理論が使いにくい状況となってしまいます。

わかりやすく言うと、もし失敗した場合の損失額が大きすぎること、そしてマーチンを5回するとして結果的に勝てばプラスになって払戻金が発生するにせよ、累積投資金に対してのリターンが少ないことなどが要因となります。

もちろん「豊潤な資金」があり、「細かい理屈よりも結果勝てば良い」という事であれば問題ないですが、そうは言っても資金管理がバイナリーオプションにおいて大事な事にはかわりないので意識しておいてください。

資金管理を含めた攻略法・考え方などは以下の記事でも触れているので、よければ参考にしてみてください。

参考バイナリーオプションで儲かる人とは?本当に稼げるの?仕組みを解説します

精神や意識に問題が生じる

私は正直「精神論」みたいなものは嫌いなのですが、マーチンにははっきりデメリットといえる問題があります。

これは大きく2つあって、まず1回の取引の重要性が下がってしまうことです。

「負けても次で勝つことがマーチン」ですが、裏を返すと負けを前提とした取引でもあり、シミュレーションでも完全に運任せの50%の勝率で計算をしたように自分の実力や知識とは関係のない取引を必ずするようになるでしょう。

そのような妥協した取引は自己成長に繋がらず、終始運に任せた取引をする事になってしまう危険性があることを覚えておいてください。

次も似たような理由ですが、運任せの投資になればなるほど精神が乱れます。

裁量取引で失敗した場合も当然精神ダメージはありますが、運での勝負はまたちょっと理由が変わり例えば「Highが何回続いたから次はLow」など、身も蓋もない理論が頭に浮かんでしまうと本当に危険でしょう。

結果どちらを選んでも50%と割り切るならどんな考えでも関係ないのですが、それなら完全に無の状態で取引すべきで、中途半端な意識は精神的なダメージへと積み重なり、例えば意地になって明らかに下落トレンドでもHighを繰り返したり、無意味な行動へと繋がってしまうものです。

資金管理と似たような意味となりますが、自分の精神管理も含めバイナリーオプション取引では重要な要素となる事は理解しておきましょう。

ザオプションの口座凍結の危険性

ザオプションでマーチンを繰り返すと口座凍結をされてしまう危険性が0ではありません。

推し記事
【出金拒否】theoption(ザオプション)で稼ぎすぎると口座凍結するってホント?
【出金拒否】theoption(ザオプション)で稼ぎすぎると口座凍結するってホント?

この記事でわかること ザオプションで稼ぎすぎると口座凍結になるのか? 口座凍結になる理由 大事なのは口座凍結されない事 皆様ごきげんよう。きよみです。皆様は「口座凍結」と言うものをご存知でしょうか? ...

続きを見る

口座凍結の条件は上記記事で詳しく解説しているので気になる方は目を通していただきたいのですが、一応書いておくとマーチンの使用自体は規約などで禁止されているわけではありません。

当然と言えば当然だけど、一応その点は安心ですね。
きよみ

そのため基本的にはマーチンだけを繰り返したり、記事中でも触れたように連続でエントリーをして5万円以上を擬似的に投資するなど無茶な行為をしない限り安心とは思いますが、「規則的」な投資はツールの使用の使用を疑われる危険性もあったりと、少なからず口座凍結の可能性があることは意識しておく必要があります。

あと考えられる理由として、マーチンはその性質上大きなお金が取引で動きます。仮に出金はしないとしても、高額な取引を繰り返すとマネーロンダリング禁止の規約から貴方の口座に目をつけられやすくなり、何かのキッカケで口座凍結の可能性はやはり高くなるでしょう。

問題行為を実際に行わなければ良いという話ではあるのですが、マーチンだけに頼り切るのは危険と認識しておいた方が良いです。

まとめ

今回はザオプションでマーチンゲール法を使った攻略法についての記事でした。

要点まとめ

  • マーチンの理論上の勝率は高いが実践ではリスクも高い
  • 資金や精神管理が大変で、一度崩れると回収が困難
  • 要所を見極めて使う分には有効

バイナリーオプションはデータの検証を行い、数値の根拠をもとにした期待値を考えて投資するものですので、どうしても理屈上の勝率だけを追うとどこかで歪が生まれます。

なのでご自身の使用される普段の投資法の勝率次第ですが、マーチンを使わずに投資金を一定と定めて単発のエントリーをしていった方がリスクも少なく着実に資金を増やすことができると私は思うわけですが、逆にその手法である程度高い勝率が見越せる場合、マーチンの投資金の考えを利用して大きく稼ぐなど、ピンポイントでの利用は有効かもしれませんね。

最後にまとめとするなら、「バイナリーオプションはギャンブルではない」ので、カジノの理論であるマーチンをそのまま採用するのは危険、という事です。

ちなみに記事中でザオプションの資金管理について触れていますが、「ザオプションの入金方法」についてリンク先で触れていますのでよければ参考までにご覧ください。

以上、きよみでしたー。

theoption(ザオプション)
theoption(ザオプション)
2020年 口座開設率No.2

リアルタイムチャット完備などサポート体制充実で、取引するごとにポイント付与で現金還元あり。業界初のテクニカルチャート標準実装など、初心者から玄人まで選ばれる人気業者です。

最大ペイアウト200%口座開設時間2分 ※土日・祝日可
入金額5,000円以上出金額3,000円以上
キャンペーンあり出金日数最短当日~3日

只今、新規口座開設を行った全ての方を対象に5,000円キャッシュバック開催中!

公式ページはこちら≫

【2020】海外バイナリーオプションおすすめ口座まとめ!

  • この記事を書いた人

プロニートきよみ

ごきげんよう、意地でも働きたくない社会不適合者「きよみ」です。

今はバイナリーオプションをメインの収益源としてプロニートしてます。

大学生から始めたバイナリーオプションも気付けば早5年、このサイトではこれまで私が学んだ知識や経験・失敗談をもとに、初心者の方でも利益を上げられるノウハウやトレード全般の情報を随時発信しています!

-theoption
-,

© 2021 バイナリーオプションプラス